【敦賀マンテンホテル駅前トピックス】オール福井ロケの映画「恐竜を掘ろう」撮影スポットのご案内

2013年3月30日(土)より順次全国で上映される映画「恐竜を掘ろう」の撮影はオール福井ロケ!

2013年3月30日(土)より、順次全国で上映される映画「恐竜を掘ろう」。
映画の撮影は、オール福井ロケなのです。

監督を務められた、俳優の大和田伸也さんは、なんと福井県敦賀市出身。
今回は、上映に先駆け、映画の撮影スポットをいくつか紹介致します。

まずは勝山市にある「福井県立恐竜博物館」

まずはなんといっても、勝山市にある「福井県立恐竜博物館」。
カナダ、中国と並ぶ世界三大恐竜博物館の1つ。
建物が卵型ドームになっているのも特徴です。

福井県立恐竜博物館

恐竜博物館

ドーム内には、40体以上の恐竜骨格や千数百もの標本が展示されています。
中には動く標本もあって、まるで生きている恐竜を見ているよう。
定期的にイベントが開催されているので、何度行っても楽しい博物館です。

3月23日(土)から5月上旬まで、「迫力の肉食恐竜たち」という春の企画が開催中です。
ティラノサウルスの仲間である「ラプトレックス」や「ディロング」の骨格展示、
肉食恐竜の歯の観察ができるコーナーなどもあります。


続いては丹生郡にある「越前陶芸村」

続いては、丹生郡にある「越前陶芸村」。
越前焼は、使いやすさや飽きのこないデザインが人気の秘密。
紐状の粘土を積み上げていく独特の技法が特徴です。

越前陶芸村では、そんな越前焼を見る、買うはもちろん、
15点のオブジェなどが集まる憩いの公園、
地元名産の十割蕎麦やへしこが食べられるお食事処、
日帰り入浴もできる温泉宿などもあり、1日中楽しめます。

憩いの公園には「太陽の塔」で有名な芸術家、岡本太郎さんの作品もあります。

最後に紹介するのは敦賀市にある「気比の松原」

気比の松原

最後に紹介するのは、敦賀市にある「気比の松原」。
敦賀湾に面した約1.5Kmの海岸沿いに、約17,000本のアカマツ、クロマツ、
フランス海岸松が植わっています。


「日本三大松原」に数えられ、されに「日本の白砂青松100選」にも指定されています。
日本三大松原とは、「気比の松原」の他に「三保の松原(静岡県)」「虹の松原(佐賀県)」があります。

かつて、かの有名な俳人、松尾芭蕉も気比の松原へ訪れ、句も詠みました。

気比の松原

福井県では2月23日(土)より先行上映中

福井県では2月23日(土)から先行上映されており、先日私は、さっそく「恐竜を掘ろう」を観てきました。
「ここは、あの場所だ」という発見がいくつもあり、観ていてとても楽しかったです。

映画と合わせて、ぜひ福井県内を巡ってみてください。
驚きや発見があったり、福井県の魅力を感じられるはずです。

敦賀マンテンホテル駅前からのアクセス

【福井県立恐竜博物館】
敦賀マンテンホテル駅前から車で約90分

【越前陶芸村】

敦賀マンテンホテル駅前から車で約60分

【気比の松原】
敦賀マンテンホテル駅前から車で約15分


マンテンホテルグループの最新情報を手軽に共有

ツイッターやFaceBookなどで、マンテンニュースを手軽に紹介できます。